1.抗酸化工法

「抗酸化」とは、酸化による腐敗を防ぐという意味。そして抗酸化工法とは「抗酸化溶液を使って腐敗の進行を食い止める」工法です。抗酸化工法は特殊な工具や技術を必要とせず、ローコストで最高の効果を発揮し、健康住宅を実現できる画期的な工法です。



新築購入、リフォーム、マンション・アパートの外壁塗り替え、防蟻処理、お引っ越しなどの環境の変化に伴い、アトピーの症状が出てきた、花粉症になった、ぜんそくが出るようになった、目がチカチカするようになった、頭痛がするようになった、よく眠れなくなった、こんな症状が現れた方は、シックハウス症候群(化学物質過敏症)の可能性があります。特に、家にいる時間が長い子ども、主婦、高齢者に顕著に症状が現れます。
本来、癒しの環境である「住まい」には、有害物質が存在してはなりません。また、発生した化学物質は「吸着」ではなく「分解」して外部に放出させないことが求められているのです。
『抗酸化工法』による施工をおこなえば、シックハウス症候群(化学物質過敏症)対策以外にも消臭効果、省エネ効果など、驚きの効力を実感することができます。




詳しくは市橋建築スタッフまでお問い合わせください。
または「(株)会田総合研究所」のホームページをご覧ください。

株式会社 会田総合研究所